★旬の味を食卓に♪里芋の皮がおつまみに大変身!

こんにちは寿山スタッフのhです。

朝晩ちょっとだけ涼しくなってまいりました

今朝は勤務時間まで時間があったので

仙巌園前のセブンの駐車場で降ろしてもらい

磯浜ぞいを(錦江湾沿)テクテク歩いて寿山に向かいました。

途中、磯浜海水浴場から桜島を眺めたり

車で通りながら気になっていた 菅原神社の狛犬さんに挨拶したり

祇園之洲の石橋公園をグルリと歩いてコーヒータイム

なんとも気持ちのいい朝活の時間でした^^

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

寿山に ボチボチ お芋が入荷してまいりました⤴︎

ゴロンとした里芋が 永井さんの畑から届いてます。

里芋は 根の様に見えて実は茎が肥大したもの

株の中心に新芋が出来、その周りに小さな小芋が増えてきます。

日本への伝橎は 稲よりも早く 縄文時代後期から栽培され

江戸時代までは ジャガイモやサツマイモを抑え お芋の主役だったと言われています。

デンプンを主成分とし 低カロリーで食物繊維が豊富

独特の『ぬめり』は マナン・ムチン・ガラクタんという成分

・マナン→水溶性食物繊維により 便秘解消

・ムチン→消化促進

・ガラクタン→免疫力向上作用

色んな効能があるんですね

今日はそんな里芋の 捨ててしまいがちな

を使った なんとも美味しい一品をご紹介します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
☆ ☆

・里芋の皮 好きなだけ
・塩 美味しいものお好みで
・地粉(小麦粉)
・揚げ油

(1) 里芋をたわしでよーーーく擦り洗いし、表面のケバケバをコサギ落とします。

(2)里芋の皮をむくのですが 今回は『皮が主役』です。

厚めに ゴイと(沢山)みを着けてむいて下さい。

(3)皮に塩を振り しばらく置いて ネバリを出します。地粉をまぶします。

(4)揚げ油でカラリと揚げて 出来上がり

ちょっと見た目は地味ですが

まぁーーーいっとん たもっみやんせ

(ちょっと 召し上がってみてください)

家族で取り合いになる事 間違いなし(笑)

我が家では コレを食べたいが為に 里芋料理するくらいです

今夜の一品に いかがですか⁈

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆