野菜が嫌いな子供向けレシピ

子供の野菜嫌いを克服するために大切なポイント

野菜は、子供の成長に欠かすことのできない栄養源を確保できる大切な食材です。

しかし、野菜が嫌いな子供は多くいます。

理由としては、苦味のある味が苦手といった理由が挙げられます。
そのため野菜を敬遠し、野菜嫌いとなってしまうのです。

でも、栄養価の高い野菜を自分の子供に食べてほしいと願うのが親心でしょう。

子供の野菜嫌いを克服するには、とても大切なポイントがあります。

こちらでは、子供の野菜嫌いを克服するために大切なポイントについてまずご紹介をさせていただきます。

■野菜だけで栄養バランスを考えない

上記でも申し上げたように、野菜には多くの栄養素が含まれています。
そのため、野菜だけで栄養バランスをとろうと考えている両親もいらっしゃるでしょう。

しかし、子供の成長や健康に欠かすことのできない栄養素を確保するのは、全て野菜というわけではないはずです。

野菜の好き嫌いよりも、レトルト食品やファストフードばかり食べさせるほうが、明らかに健康には問題といえます。

ですから、嫌いな野菜を無理に食べさせるのではなく、お子さんが好きな料理に嫌いではない野菜を加えるなどして、野菜だけで栄養バランスを考えない献立にするのが大切です。

それが後々、子供の野菜嫌いの克服に繋がるでしょう。

■食べさせる野菜はお子さんが美味しいと感じる物を

子供というのは、基本、甘い物を好んで食します。
そのため、苦味のある野菜を嫌うようになるのです。

それでは、逆に甘みのある野菜を食べさせてください。

人参やトマトなどは甘みがあり、お子さんも喜んで食すことでしょう。

そのような、お子さんが美味しいと感じる野菜を食べさせることが非常に大切です。
そうすることで、好きな野菜が増えていき、いつの間にか野菜嫌いを克服することができるでしょう。

■野菜が好きになる工夫をする

子供に嫌いな野菜を食べさせるのは難しいものです。

だからといって、子供の野菜嫌い克服を諦めないでください。

調理に工夫をすれば、お子さんが食べてくれることもあります。
しょっぱい味付けを甘くしてみたり、焼き料理なら煮たりしてみましょう。

そうすることで、お子さんは野菜を食べるかもしれません。

大変な作業になるかもしれませんが、お子さんの野菜嫌い克服には調理の工夫が大切になってきます。強制して食べさせず、野菜の調理を工夫することが野菜嫌い克服には大切です。


他にも、子供の野菜嫌いを克服するポイントはありますが、特に重要なポイントをご紹介しました。
どうぞ上記のポイントを参考にお子さんの野菜嫌いを克服してはいかがでしょうか?

世の中のお母さんは、お子さんの健康を考えて毎日美味しいご飯を作っています。

そんな頑張るお母さんの中には、お子さんの野菜嫌いに悩まれている方も多くいらっしゃいます。

食材が分らないように小さく刻んでハンバーグの中に混ぜ込んだり、カレーに入れたりと様々な工夫を凝らしてみても、子供には分かってしまうものです。

そもそも、どうして子供は野菜が嫌いなのでしょうか?

それには、心理的な嫌悪感が原因になっていることもあるそうです。

食べられないことで親に叱られた、給食を残したことで先生に叱られた、罰があったなどの辛い思い出が原因となって、大人になっても食べられないことがあるそうです。

そのため、嫌いなものを無理やり食べさせるのではなく、食事の大切さや楽しさから食べることができるように工夫してみましょう。

子供の嫌いな野菜とは?

ピーマン、ナス、水菜、セロリ、ゴーヤ、春菊、しいたけ、ネギ、ニラなどはすぐに名が挙がる野菜です。

苦味があり、香りが強い、灰汁が強い、クセがある、刺激が強いなどの特徴があります。

子供が苦手な食材の多くは、緑色をしているといわれています。

自然界で緑色をしたものは未成熟の状態であり、昆虫や動物に食べられないように毒や苦味があるものが多いといわれています。

また苦手に感じやすい酸味も、未成熟や腐っているものの特徴なので、本能で安全ではない食べ物と認識しているのかもしれません。

しかし、酸味があるものでもトマトやイチゴなどの甘みがあるものは好きな子供も多く人気のある野菜となっています。

ここからは野菜嫌いのお子様でも食べやすい、簡単おすすめレシピを紹介します。

野菜たっぷりスープ

材料は、その時の旬や好みの野菜を数種類、ごま油、水、塩、味噌、胡椒、パセリです。

お鍋に小さめにカットした野菜と、ひたひたになる程度のお水を入れ火にかけます。

野菜に火が通って柔らかくなったら、塩、味噌、胡椒で味を調え、器に盛りパセリを散らして完成です。

蓮根ボール

材料は、蓮根、玉ねぎ、小麦粉、塩、揚げ油です。

まず、蓮根を皮ごとすりおろします。

そして、玉ねぎは、みじん切りにします。

蓮根と玉ねぎを混ぜ入れ、野菜の3分の1の量の小麦粉と少々の塩を入れ、一口大のだんごに丸めて、油で揚げて完成です。

ごぼうご飯

材料は、玄米、ごぼう、グルテンミート、生姜、水、塩、醤油です。

玄米を洗い水気を切っておきます。ごぼうをささがきして少しの油で炒めます。

グルテンミートをちぎり、生姜のすりおろしを混ぜます。

圧力鍋に、塩、醤油を入れ水を加え火にかけ炊いたら完成です。


上記のレシピは、簡単に作れておすすめです。

また、細かく切ったりすりつぶしてコロッケにしたり、チャーハンなどにするのも良いのでぜひお試しください。

もし、そのままの野菜を食べて欲しいとお考えなら、無農薬の野菜を利用してみませんか?

寿山の無農薬野菜は、野菜が苦手な子供もすすんで食べると喜びの声をいただいております。

全て鹿児島を中心とした九州産で、安全で安心な野菜です。

その時の旬の野菜のみをお届けしており、農薬の味がない野菜本来のおいしさを味わっていただけます。

通販でのご注文となっており、お試しサイズから、S/M/Lの3サイズをご用意いたしております。

また、定期便もありますので、好きなタイミングでご自宅にお取り寄せいただけます。

詳しい内容については、寿山のたまて箱の特設ページをご覧ください。