野菜に関する豆知識

安心して食べられる無農薬野菜の販売や、家まで野菜を宅配してくれるサービスができたことで、安全な野菜を手軽に購入できるようになりました。
そんな野菜にまつわる面白いこと、見た目が似ている野菜の関係性や、意外な名前の由来など、野菜の豆知識を覚えると、どんどん野菜を好きになれると思います。
野菜が苦手な人でも野菜に興味が湧いてくるような、そんな野菜の豆知識を紹介いたします。

その1 キャベツとブロッコリーは仲間

キャベツもブロッコリーも、サラダや炒めものの具材として人気があるお野菜です。
見た目も食感も全く違いますが、キャベツとブロッコリーは元々同じ野菜です。
簡単に説明すると、キャベツが突然変異したものがブロッコリーです。
ブロッコリーとそっくりなカリフラワーも、キャベツが変異したものです。
畑に生えている状態のキャベツとブロッコリーは、どちらも大きな葉っぱに囲われていて非常に似ています。

その2 ピーマンとパプリカの違い

ピーマンとパプリカは、見た目が非常に似ています。
ピーマンもパプリカも、ナス科のトウガラシ属に分類される野菜です。
ピーマンの中でも、シシ型・ベル型・シシトウという種類に分類されており、一般家庭でよく使われている皮が薄くて緑色のピーマンは、シシ型に属します。
パプリカはベル型に属するピーマンで、実が厚くて甘味があるのが特徴です。
ちなみに、緑色のピーマンは完熟する前の状態で収穫しているので、そのまま育てていくと赤や黒に熟したカラーピーマンになります。

その3 男爵薯の名前の由来

コロッケやポテトサラダなどに使われている男爵薯は、明治41年頃に川田男爵という人が、イギリスから取り寄せたアイリッシュ・コブラーという品種のじゃがいもを北海道で栽培し、全国へ広まりました。
川田男爵がアイリッシュ・コブラーという品種名を知らなかったため、川田男爵にちなんで男爵薯と名付けられたそうです。


野菜の豆知識は、まだまだたくさんあるので、興味がある方は調べてみても面白いです。
野菜の知識が増えると、野菜に対する愛着が湧いて野菜に対する見方が変わると思います。
また、野菜は育て方や旬によっても味が左右されるものです。
こちらでは、無農薬野菜を通販にて販売いたしております。
旬の野菜のみをお届けいたしておりますので、季節感を感じながら野菜を楽しんでいただけます。
また、収穫してすぐに発送しているので鮮度抜群な野菜をご賞味いただけます。
野菜嫌いのお子さんがいる方や、野菜の旬が分からないという方におすすめですので、ぜひお試しください。

シェアする